映画エッセイ

映画を観て感じたことを軽い気分でつづります。

【映画サプリ】劇場版 鬼滅の刃 無限列車編(ネタバレなし)

アニメでここまで泣いたの、四半世紀ぶり。

劇場版鬼滅の刃

あらすじ

蝶屋敷での修行を終えた炭治郎たちは、次なる任務の地、《無限列車》に到着する。そこでは、短期間のうちに四十人以上もの人が行方不明になっているという。
禰豆子を連れた炭治郎と善逸、伊之助の一行は、鬼殺隊最強の剣士である《柱》のひとり、炎柱の煉獄杏寿郎と合流し、闇を往く《無限列車》の中で、鬼と立ち向かうのだった。公式サイトより

海外の反応
Youtubeより

www.youtube.com

こんな人におすすめ

鬼滅の刃の爆発的な人気の秘密を知りたい人

・その他 大人も子どもも皆さん全員

注目・効能

アニメ全26話を観終わった時点では、ここまでハマるとは思っていませんでした。

ところがどっこい、映画の途中で涙が止まらなくなってしまい、エンドロールで号泣。 そして、映画館を出るころには、「2回目いつ行こう?」と考えていました。

鬼滅の刃が、空前の大ヒットとなっている理由は、よくわかりません。

ただ、煉獄杏寿郎という青年の生い立ちと、まっすぐな生き方に、魂を持っていかれたような気がしています。

それから、何といっても、海外の鬼滅ガチ勢の反応。

「PVが楽しみでたまらなかったんだ!!」

「日本ではもう公開しているんだよな、待ちきれないぜ!!」

「オーマイガ!!」「レッツゴー!!煉獄!!」

私が作ったわけではないけれど、日本のアニメがこんなにも喜んでもらえているのが 嬉しくてたまらないのです。

そんなガチ勢の魂も乗り移って、2回目が楽しみでたまりません。

そして鑑賞後に問われます、どう生きるのかを。

 

 

 

 

▼ポチっとしていただけると励みになります▼ 

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ