映画エッセイ

映画を観て感じたことを軽い気分でつづります。

【映画】それでも夜は明ける|とことん人間の所業が恐ろしくなる「奴隷」という制度。

それでも夜は明ける

違法かどうかという以前の問題かと。

世界史の授業で奴隷制度を習ったときは、ここまで残酷なイメージがなかった。

今さらながら、自分の無知が恥ずかしい。

 

これが実話ベースというのが本気で恐ろしいのだが、

この映像以上のこともあっただろうと推察される。

 

何かしらそれらしい理屈をつけて、黒人奴隷を痛めつけるが、

あそこまでやるのは、欲求不満のはけ口以外の何ものでもない。

 

例え違法でなくたって、動物やモノにだって、あんな風にはできない。

 

痛みと苦しみでゆがんだ顔を見ても、ためらうことなくムチを振り続ける。

死なないギリギリで吊り下げられた奴隷のそばで、子どもたちが走り回っている。

あの光景は、この残酷な仕打ちが日常だったということを物語っていて、

絶望的な気分になる。

人間は、ここまで残酷になれるのか…。

 

当時、違法ではなく、価値観として普通だったのかもしれないけれど、

やらない人はやらないよね。

 

最後のシーンを「よかったね」と感じるか

「え…」と感じるか。

 

もう一度見たいと思う映画ではないけれど、

奴隷や差別について語るなら、「知っておくべき」だと思う。

キャスト

監督:スティーヴ・マックィーン

出演:キウェテル・イジョフォー, マイケル・ファスベンダーほか

あらすじ

1841年、ニューヨーク。家族と幸せな日々を送っていたバイオリン奏者ソロモンは、ある日突然誘拐され、奴隷にされる。彼を待ち受けていたのは、狂信的な選民思想を持つエップスら白人による目を疑うような差別、虐待そして”人間の尊厳”を失った奴隷たちだった。妻や子供たちと再び会うために彼が生き抜いた11年8カ月と26日間とは。

Amazon作品紹介より