映画エッセイ

映画を観て感じたことを軽い気分でつづります。

【映画】インターンシップ|Googleの成功が証明したもの。

インターンシップ

Googleの福利厚生ハンパなし。

夢のテーマパーク、Google

食べ物が無料とか、お昼寝カプセルとか、噂には聞いていたけど、

ほんとに実在するんだ…。会社がちょっとした街だよね。

社員への還元がスゴイ。

 

「人を蹴落として競争するのではなく、チームでいいものを生み出す」という

会社としての価値基準がよくわかる映画だった。

 

お金があるからこういう社風なのか、こういう社風だからお金が集まるのか。

いずれにせよ、旧来の「従属型やりがい搾取」で無理くり発展させる時代は 終わったということを、Googleの成功が証明したのではないか。

キャスト

監督:ショーン・レヴィ

出演:ヴィンス・ボーン, オーウェン・ウィルソンほか

あらすじ

『テッド』のスタッフが、Googleインターンになった、IT音痴のオッサンたちの挑戦を描く人生逆転ゲーム!失業したIT音痴のオッサンたちが、Googleの実習生<インターン>に!ライバルは超エリートたち。6つの難題をクリアして、社員になれるのか!?

Amazon作品紹介より