映画エッセイ

映画を観て感じたことを軽い気分でつづります。

【映画】最強のふたり|理屈ぬきで、すがすがしさを感じる。実話が基になった映画。

最強のふたり

言葉が出てこない。とにかく、見てほしい。

不公平はそこら中に転がっている。

とりわけ、スラムや差別感情は、人間が作り出したものだ。

ものすごく重いテーマであるにもかかわらず、

なぜか、すがすがしい気分になる。

 

この方法で、まるっと全部うまくいくという話ではないことは重々承知。

でも、この映画を見終わった今、ほんの少し景色が違って見えている。

 

キャスト

監督:エリック・トレダノ

出演:フランソワ・クリュゼ, オマール・シー, アンヌ・ル・ニジャンルほか

あらすじ

事故で全身麻痺となり、車いす生活を送る富豪と、図らずして介護役に抜擢されたスラム出身の黒人青年。共通点はゼロ。高級住宅地とスラム、ショパンクール&ザ・ギャング、超高級スーツとスウェット、洗練された会話と下ネタ、車いすとソウル・ミュージックに乗ってバンプする身体―。二人の世界は衝突し続けるが、やがて互いを受け入れ、とんでもなくユーモアに富んだ最強の友情が生まれていく。

Amazon作品紹介より