映画エッセイ

映画を観て感じたことを軽い気分でつづります。

【映画】きみに読む物語|What do you want? 君は、どうしたい?

きみに読む物語 

What do you want? 君は、どうしたい?

10代までは、本気で何にでもなれる気がしていた。

20代で社会の不公平に気づき、

30代であがいてみるが、世の中は、そんなに簡単に変わらないと知る。

そして40代になってやっと、

世の中を変えなくても、自分の幸せはいつも目の前にあると気づいた。

これは間違いなく、良書や名作映画との出会いのおかげだ。

 

しかし、長年染みついた「こう見られたい」という思考のくせは、

今でも時々、「自分はどうしたいか」を隠してしまう。

一番克服したいのは、

「期待すると、何倍も傷つくから、最初から欲しがらない」という思考癖だ。

 

確かに、拒絶されることがないので傷つくことはないが、

周囲からは、いい面も悪い面も、自分の思いとは違う反応をされることが多い。

「えっと、そうではなくて…」

説明すれば誤解はすぐにとけるのだが、最初から「こうしたいです」と言っておけば

よかったのね、と思うことが多々ある。

 

それなのに、やはり「want to」を伝えるのに勇気がいる。

「ほしいと言ったり、ほしくないと言ったり、一体どっちなのさ」

「よくわかんない人だなぁ」

きっとそういう印象を与えてきたのだろう…。

 

自分を守るための防衛本能でもあるが、これを繰り返しているうちに、

自分がどうしたいかすら、わからなくなってくるのだ。

 

でももうね、そういうことは卒業したい。

 

自分がこうありたい、こういう人たちと仕事がしたい、こういう会社に勤めたい。

この年になってやっと、自分の価値観が見えてきた。

「いい年してさぁ」

色々、言われるかもしれないけど、自分の人生だから。

 

親の立場では、何ができるか。

良家の娘と材木屋で働く青年の恋。

時代からして、この恋を成就させるのは、今よりずっとハードルが高かっただろう。

娘の両親は、青年との仲を反対するが、人間的に毛嫌いしているわけではないようだ。

「ただでさえ苦労しそうなのに、愛だの恋だのでは、生活はできないんだよ!

今はいいけど、気持ちが冷めたらどうすんの。」

そんな風に、わが子を心配する両親の気持ちは、ひとりの親としてよくわかる。

傷ついてほしくないのだ。後悔してほしくないのだ。将来をよく考えてほしいのだ。

 

けれど、将来どうなるかは、誰にもわからない。

わかっていたとしても、経験させるしかない。

子どもの人生は、子どものものなのだ。

だからこそ、たとえ子どもの選択に反対だったとしでも、

それを伝える方法が、「ちからずく」であってはならないと思う。

 

主人公のふたりが離れている間、それぞれ素敵なお相手に出会っている。

多くを語るとネタバレになってしまうのであまり触れないでおくが、

私はこの「お相手たち」の幸せを心から願う。

 

キャスト

監督:ニック・カサヴェテス

出演:ライアン・ゴズリング, レイチェル・マクアダムス, ジーナ・ローランズほか

あらすじ

ある老人ホーム。初老を迎えてはいるが、未だに美しさを失っていないアリーは夢想に浸っている。そんなアリーに「もう寝る時間だよ」と優しく声をかける、デューク。彼は彼女の横に置いてあるノートを手に取り、やさしく読み始めるのだった。

Amazon作品紹介より