映画エッセイ

映画を観て感じたことを軽い気分でつづります。

【映画】『イエスマン"yes"は人生のパスワード』に学ぶ|流れにさからわずに、ゆだねてみる。

イエスマン

”YES”は桃太郎の”桃”!?

断固「NO!」ではなくて、億劫なのよ~の「NO」。

確かに、普段よく使ってると思う。

気が乗らない集まりに参加してもロクなことはないので、

たいてい断る理由ばっかり考えているのだ。

 

色んな人間関係に所属しているのだから、もし、どこもかしこもつまらないとしたら、

自分が「誘いを断りたくなる人間関係にばかり所属している」

ともいえるんじゃないかな。

 

何かにつけてうまくいかない時は、たいてい自分の選択がいちいち間違っている。

だったら自然に流れてきたものに、一旦ゆだねてみたらいいのかも。

それが、なんにでも「YES」を繰り返すっていう行為なのかもしれない。

  

ホリエモンSHOWROOMの前田氏との対談で話していた「桃太郎理論」を

思い出す。

 

川に洗濯に行って、突然上流から大きな桃が流れてきたら、

普通は不審に思ってスルーしない?

割ってみようなんて、まず思わないよね?

けど、おばあさんが桃を割ったから、結果、鬼退治ができた。

チャンスをつかむかどうかは、どんぶらこと流れてきた桃を、

素直に割ってみるかどうかにかかっている。

という話。

 

ちゅうちょせずに、流れてきた桃を割ってみる。それが、YESという行為。

ただし、結果は自分が引き受けることになる。

変な桃も、中にはあるだろう。

けどとりあえず、流れてきたら、「YES」と言って割ってみる。

最初はゲームみたいに。


そう考えると、何が流れてくるのか待ちどおしくなる。

ちょっとワクワクしてきた。

 

こんな人におすすめ

落ち込んでいる人、元気が出ない人、変わるきっかけが欲しい人。

キャスト

監督:ペイトン・リード

出演:ジム・キャリー, ゾーイ・デシャネル, ブラッドリー・クーパーほか

あらすじ

主人公のさえない中年男が、友人の勧めで怪しげなセミナーに参加することに。

セミナーのルールは、すべてに「YES」と答えるというもの。

さてさて、男の運命やいかに!?

 

 

www.youtube.com

▼字幕版
▼吹替版