映画エッセイ

映画を観て感じたことを軽い気分でつづります。

【映画】私の中のあなた|命とは、一体誰のもの?

私の中のあなた

決して責めませんけども。

 病気の姉を助けるためにつくられた試験管ベビーの妹が、親を訴える!! 

入り口は、だいぶセンセーショナルだが、展開は意外な方向へ。

 

確かに、ラストは感動的だった。

でもなぁ…。

 

妹の命に対する扱いが、あまりにも軽く思えて

「なるほどそうですか」とはならなかった。

 

序盤からずっと、この姉妹の命は完全に母親の持ち物のようだった。

一体、誰を満たすために生かされているのか、見失ってしまう。

自分のスペアとして生まれた妹につきっきりで世話をしてもらいながら、

妹の命を削ってまで、生きながらえたいと願うだろうか…。

その願いは、自分よりもむしろ「母親」のものだ。 

 

息子をものすごくかわいがってくれた義父が、癌の治療を拒否したとき、

正直、寂しさを覚えた。

孫のために病気と闘ってくれるとばかり思っていたのだ。

かたぶつで口下手な義父が、孫と一緒の時はとても饒舌で幸せそうだったから。

 

義父がホスピスを選んだ時、別れを選択したんだなと思うと

取り残されていくような寂しさがあったが、

息子のために最期まで闘ってほしいとは、言えなかった。

義父の命は、義父のものだから。

 

色んな死生観があると思うけれど、私は、

苦しみながらでも最期まで闘って死ぬのが立派だとは思わない。

そこまでして、生きた証を残したいとも思わない。

どのくらい先のことになるかわからないけれど、

別れを覚悟したら、息子に「毎日楽しかった、ありがとう」とだけは言いたい。

そう言えるように、ますます楽しく、面白おかしく生きたいと思う。

 

この映画は、生きることと死ぬこと、命は一体誰のものか?ということを

考えるきっかけになる。

 

キャスト

出演:キャメロン・ディアス, アビゲイル・ブレスリン, アレック・ボールドウィンほか

あらすじ

私の命はオーダーメイド。姉を救うために生まれた。でも今、私はその運命に逆らって、大好きな姉の命を奪おうとしている―。ケイトに生きて欲しい―その想いは、家族みんな同じだと疑わなかった母・サラは、ある日、信じられない知らせを受ける。「もう姉のために手術を受けるのは嫌。自分の体は、自分で守りたい。」と、アナが両親を訴えたのだ。病気と闘いながらも幸せだった家族に訪れた、突然の出来事。いったい何故、アナは大好きな姉を救うことをやめる決意をしたのか?そのアナの決断の裏には、驚くべき真実が隠されていた―。Amazon作品紹介より