映画エッセイ

映画を観て感じたことを軽い気分でつづります。

【読書サプリ】『赤毛のアン』モンゴメリ(著)

作品中の教訓と哲学を味わえるのは、大人の特権かも。

赤毛のアン


幼い頃、アニメで観た赤毛のアン

孤児院からやってきたアンがトラブルを起こしまくり、養母マリラを困らせる。

食器の音や馬車の蹄の音など、あの世界観すべてが好きだったのを覚えている。

 

大人になるまで読書習慣がなかった私が、最初に選んだ本で、

赤毛のアンを読み始めてから、本の世界にはまり込んだ。

 

「この本は、大人向けに書いたもの」

著者のL・M・モンゴメリがのちに語ったそうだ。

確かに、アンが起こす事件には、いつも教訓と哲学がつまっている。

これを味わえるのは、やはりある程度の経験を積んだ大人の特権なのかもしれない。

 

そして、この事件たちはいつも、「誰も傷つけない方法」で一件落着する。

強いものが勝ったり、誰かを貶めたり、主人公に備わった幸運によるものではない。

 

アニメでは、アンがちょっぴり大人になって、犬猿の仲だったギルバートと仲直りし、マシューとお別れするところで終わる。

この先、アンは大学へ行き、友達との出会い・悲しい別れを経験する。

アンとギルバートのその後も気になる。

 

私は、感動シーンを、心のポケットにしまっている。

それを思い出すだけで、心が豊かになるのだ。 

だから私は、この本を、心からおすすめする。

あらすじ

プリンス・エドワード島の村、アボンリー。
独身のマリラとその兄マシューは、孤児院から男の子を養子に迎えることに決める。
だが約束の日、駅に降りたのは、アン・シャーリーという11歳の赤毛の女の子だった。
マリラはアンを送り返そうとするが、明るくおしゃべりなアンに心を動かされ彼女を引き取る。Wikiより

こんな人にオススメ

・読書習慣の手始めに

・大人の女性に

・思春期の女子全般

注目と効能

 

▼ポチっとしていただけると励みになります▼

にほんブログ村 本ブログへ